倉敷のイイトコ見つけにいこう。 クラシキ文華(文化 - ブンカ)トップへ戻る

MENU

特集Vol.11 クラシキの

朝市めぐり

特集TOPへ戻る

児島駅前 三白市

児島駅前 三白市

児島駅前 三白市

  • 三白市

瀬戸大橋とともに歴史を刻む、商店街の活性化のために。

 児島駅前商店街は、瀬戸大橋の開通とともに1988年4月に誕生しました。
 それから20年を経た頃、全国的な商店街の衰退の波はこの地にもおよび、来客数の減少や空き店舗・空テナントの増加が問題となっていました。
 そんな中、「かつてのにぎわいを取り戻し、JR児島駅前周辺の商店を活性化しよう」と、児島駅前商店街連盟が企画したのが「三白市」でした。
 朝市の名は、児島人の誇りを伝える言葉として、連綿と語り継がれてきた「児島三白」に由来しているそう。
 「三白」とは、「綿の白(繊維業)」、「塩の白(塩業)」、「イカナゴの白(漁業)」。
 これらは児島の歴史と経済を支えてきた、この地の代表的な産業を表しています。

  • 野菜
  • ラーメン
  • ドーナツ

児島の海の幸・山の幸、ご当地グルメが盛りだくさん。

 2016年11月に、開催100回を達成した朝市ですが、「第1回は15店、第2回はわずか2店しか出店がなく、集客にも苦労しました」と、実行委員のひとりは振り返ります。
 それでも「継続していくことが重要」と、地道に出店者を募った結果、毎回30〜40店が並ぶようになりました。
 あなご飯や牛串、ラーメンなどの屋台メニュー、地元の魚介や野菜、みかんなどの季節の果物、パン、和菓子など、県内外から多彩な品が出品されています。
 中でも名物となっているのが、地元の「下津井ダコ」を用いた「たこ飯」や「たこ天」。プリプリとした食感と噛むほどに湧きだしてくる旨みは、「全国に知られるブランド蛸ならではのおいしさ」と好評を得ています。

  • たこ天
  • パン
  • えびめし
  • フリーマーケット
  • フリーマーケット

来場者増加を願い、多彩なイベントや無料の振る舞いも。

 「この朝市を機に、地元商店街を日常的に利用していただきたい」。
 そう願う実行委員会では、有料のビンゴゲーム、ちびっこ広場、ミニ四駆大会、うらじゃ・園児の鼓笛隊といった踊りや音楽のショー、フリーマーケットなど、子どもから大人まで楽しめる各種イベントを企画。
 「訪れる人々が、あきることがないように」と、毎回のプログラム内容にも気を配っているそう。
 そのほか、うどんやぜんざいなど、月替わりの振る舞い(無料、数量限定)も用意しています。
 委員たちのそうした努力に加え、開催場所に隣接する3つのショッピング施設との相乗効果によって、現在は平均2000人が足を運んでいます。

児島駅前 三白市

児島駅前 三白市

  • 開催日時 毎月最終日曜日 9:00〜15:00
  • 問合せ先 児島駅前三白市実行委員会事務局
    086-472-4450(児島商工会議所内)
  • 開催場所 児島駅前商店街周辺
  • URL http://www.kojima-sanpakuichi.com/

特集Vol.11 クラシキの

朝市めぐり

特集TOPへ戻る

他にもこんな特集があります。

  • 特集 Vol.2 倉敷ごはん、いただきます。
  • 特集 Vol.12 倉敷メイドの逸品が生まれる。モノ作りの現場へ 2
  • 特集 vol.9 倉敷うまれの さ.し.す.せ.そ

HOMEに戻る

クラシキ文華(文化 - ブンカ)

倉敷市 市長公室 くらしき情報発信課
〒710-8565 岡山県倉敷市西中新田640番地
【TEL】 086-426-3061 【FAX】 086-426-4095