倉敷のイイトコ見つけにいこう。 クラシキ文華(文化 - ブンカ)トップへ戻る

MENU

特集Vol.11 クラシキの

朝市めぐり

特集TOPへ戻る

真備ふれあい日曜朝市

真備ふれあい日曜朝市

真備ふれあい日曜朝市

  • 真備ふれあい日曜朝市

朝市は特産品の魅力をアピールする直接販売の拠点。

 「真備ふれあい日曜朝市」は、西日本有数のタケノコの産地として知られる倉敷市真備町で、1997年6月にスタートして以来、毎月第2日曜日に開かれている朝市です。
 地区内外から集まる約15店には、季節の新鮮野菜を中心に花や観葉植物、鮮魚、日用品、加工食品が並びます。
 「朝市は、地域の魅力ある特産品を消費者に直接販売する拠点。6次化商品の販売拡大も目指しています」。
 実行委員のひとりが話すように、朝市では春の朝掘タケノコや秋のピオーネなどの地元の特産品が思わぬ特価で販売され、朝市名物のタケノコが入った大判焼きやコロッケを、通年、味わうことができます。  

  • 魚
  • コロッケ
  • 花
  • 野菜
  • 焼き鳥
  • お買い物

和気あいあいと温かい雰囲気の中でお買い物。

 近年、ベッドタウンとして発展している真備町には、郊外型大型店の進出が相次いでいます。
 「そうした時代だからこそ、地場産業の振興と地域の活性化、地域住民のふれ合いを図り、明るい地域社会の創造に貢献したい」。
 当初からそんな思いで運営されている朝市の会場には、和気あいあいとした雰囲気が漂っています。
 「直接販売をとおしてコミュニケーションが生まれることで、生産者と消費者が顔なじみになり、ふれ合いの場が広がっている」のだとか。

  • 井原線

地元の足・井原線の利用促進の一助に。

 当初、この朝市は地区の中心部に建つ「マービーふれあいセンター」で開かれていましたが、2008年4月から井原線吉備真備駅前広場が会場となりました。
 「井原線は、地区の人々にとって大切な足です。その利用促進の一助となることを願い、開催場所を変更したのです」と、実行委員会のひとりは話します。
 「井原線DE得得市」として開催されるようになって以降は、井原線を利用して朝市で買い物をすると、帰りの乗車運賃が無料という特典を利用できるようになりました。
 また、買い物に応じてもらえるポイントを集めると、福引き抽選への参加もできるそう。
 時には、田園風景の中を走る列車に揺られ、朝市を目指してみてはいかがでしょう。  

真備ふれあい日曜朝市井原線DE得得市

真備ふれあい日曜朝市(井原線DE得得市)

  • 開催日時 毎月第2日曜日8:00~10:30(雨天決行)
  • 問合せ先 真備ふれあい日曜朝市実行委員会事務局
    086-698-0265(真備船穂商工会内)
  • 開催場所 井原線 吉備真備駅前広場
  • URL http://www.okasci.or.jp/mabi-funao/06/

特集Vol.11 クラシキの

朝市めぐり

特集TOPへ戻る

他にもこんな特集があります。

  • 特集 Vol.2 倉敷ごはん、いただきます。
  • 特集 Vol.5 倉敷の町家で暮らしてみた Chapter.1
  • 特集 vol.6 クラシキ街角アート図鑑

HOMEに戻る

クラシキ文華(文化 - ブンカ)

倉敷市 市長公室 くらしき情報発信課
〒710-8565 岡山県倉敷市西中新田640番地
【TEL】 086-426-3061 【FAX】 086-426-4095