倉敷のイイトコ見つけにいこう。 クラシキ文華(文化 - ブンカ)トップへ戻る

MENU

編集部便り

  • G7倉敷教育大臣会合 「倉敷宣言」を採択 1-1
  • G7倉敷教育大臣会合 「倉敷宣言」を採択 1-2
  • G7倉敷教育大臣会合 「倉敷宣言」を採択 1-3

お知らせ2016/05/15

G7倉敷教育大臣会合 「倉敷宣言」を採択

 5月15日(日)、G7倉敷教育大臣会合は「倉敷宣言」を採択し、閉会しました。

 教育大臣会合後の共同記者会見で、馳文部科学大臣から「教育の役割を考えるべきとの強い認識に基づき、密度の濃い議論を重ね、倉敷宣言を取りまとめた」と報告がありました。
 また、「今回の成果は倉敷の伝統・文化あふれる町並みと準備を進めてきた倉敷市や岡山県など地元のおかげ。倉敷の伝統・文化とそれを育んできた教育力の高さに敬意を表し、心から感謝を申し上げる。サミット教育大臣会合は10年ぶりの開催となる。G7倉敷教育大臣会合をG7の教育に関する協力の再スタートの場にして、毎年開催したい思いであったが、次回開催国のイタリア大臣に開催を表明いただいた。」と述べられました。

 各国代表からは、馳大臣、国、県、市の関係者らへの準備やおもてなしへの感謝が述べられ、倉敷宣言を実行に移すことへの決意が語られました。
 また、倉敷は伝統・文化と新しいことへの取り組みや世界への発信が見事に融合した地で、教育大臣会合を行うのに相応しい地だとも言われました。

 倉敷宣言は、各国の教育施策に反映され、日本においても次年度の予算要求で新たに国際協働プログラム「G7倉敷宣言プログラム」が立ち上げられる予定など、これからの世界の教育に大きな影響を与えそうです。

※倉敷宣言の主な項目
●教育の果たすべき新たな役割
・「社会的包摂」、「共通価値の尊重」の促進
貧困や若者の失業、難民・移民、暴力的な過激化・急進化等、世界が抱える課題への対応として教育が大きな貢献を果たしていく必要性を表明。
教育による文化間の対話、相互理解の促進、道徳心の醸成の必要性を強調。

・新しい時代に求められる資質・能力の育成
教育実践の基盤として、何をしっているか、知っていることをどう使うか、どのように社会・世界と関わり、よりよい人生を送るか、という視点を持つことの重要性を強調。

・教育の新たな役割を果たすための国際協働の推進
教育分野における国際協働を推進する重要性を強調。

教育を世界、各国の優先的アジェンダに引き上げることの必要性や教育への公共支出の重要性を確認。

●教えや学びの改善・向上策
・教育における多様性の尊重
・女児・女性のエンパワーメントの促進
・教育と雇用・社会の接続
・技術革新に対応した教育
・教職の向上と支援
・客観的根拠に基づく教育施策の推進

●新たな国際協働
・教育の国際化
・持続可能な開発目標

  • G7倉敷教育大臣会合 「倉敷宣言」を採択 2-1
  • G7倉敷教育大臣会合 「倉敷宣言」を採択 2-2
  • G7倉敷教育大臣会合 「倉敷宣言」を採択 2-3
  • G7倉敷教育大臣会合 「倉敷宣言」を採択 2-4

記事一覧に戻る

HOMEに戻る

クラシキ文華(文化 - ブンカ)

倉敷市 市長公室 くらしき情報発信課
〒710-8565 岡山県倉敷市西中新田640番地
【TEL】 086-426-3061 【FAX】 086-426-4095