倉敷のイイトコ見つけにいこう。 クラシキ文華(文化 - ブンカ)トップへ戻る

MENU

ローマから帰国した美術作家による未来のアートと人を育てるスタジオ 秀 art studio

Chapter3 「アートを通じて人を育てたい」。
アートフェストや留学賞まで。

全国高校生現代アートビエンナーレ
全国高校生現代アートビエンナーレ
全国高校生現代アートビエンナーレ

 1996年に倉敷芸術科学大学の教授となった高橋さんは、学生を指導するなかで、「美術文化との接触は大学からでは遅い。高校生に働きかけなくては」と考えるように。そこで2001年、高校生を対象とする公募展「全国高校生現代アートビエンナーレ」を大学のなかで立ち上げます。

沙美アートフェスト
沙美アートフェスト
沙美アートフェスト
沙美アートフェスト
沙美アートフェスト

 ところが、「やってみると高校生でもちょっと遅いかなという気持ちになった」と高橋さん。2005年に、「秀 art studio」の活動として「沙美アートフェスト」をスタートさせました。このイベントは、沙美海岸の駐車場全体にブルーシートを敷いて、幼稚園児から中学生までのグループで、1.5メートル四方のキャンバスに共同制作するというもの。

沙美アートフェスト
沙美アートフェスト
沙美アートフェスト
沙美アートフェスト

 「とにかく、何の制約も受けず、のびのびと創作するなかで、子どもたちに自己発見してもらいたかった。開催にあたっては、子どもたちの人間性を広げるためにと、倉敷・岡山の企業や地元玉島の『おかみさん会』などがずいぶん協力してくれました」。当イベントは10回を重ねたところで惜しまれながら休止しましたが、新たな形での再開を考えているそう。

秀桜基金留学賞
秀桜基金留学賞
秀桜基金留学賞

 2006年には、高橋さんと藤田さんが私財を投じて創設した基金をもとに、「秀 art studio」が若い芸術家を海外に遊学させるための「秀桜基金留学賞」を開始しました。「私自身がイタリアに渡った時、日本でいかに狭い世界で生きてきたんだろうと感じました。だから、海外で外国の文化に接して、自分の世界を広げてみろよという気持ちが大きかった」と高橋さん。
 当賞は通算28人を海外に送り出し、当初の予定どおり10年間で終了しましたが、その後も受賞者の展覧会を開催するなどのフォローを行っています。「秀 art studio」のスタッフ・岡村勇佑さんも、受賞者のひとり。「イタリアで過ごした1年間は何事にも代え難い貴重な時間。誰のために作られたのかが明確に現れたイタリアの建物やアートに触れて、一般市民のための作品を作り、なるべくたくさんの人に届けようと心に決めました」。そう話す岡村さんは現在、「アートを通じた心豊かな暮らし」を提案すべく、色彩銅版画の制作に取り組んでいます。

高橋さんと藤田さん
美しい沙美海岸

 「アートを通して人を育てたい」とさまざまな活動を展開し続ける「秀 art studio」。これからの目標は、高橋さんと藤田さんの作品を収蔵・展示する私設美術館の創設だと言います。

COLUMN 「秀 art studio」を作った夫妻

【高橋秀】
 画壇の芥川賞とも称された安井賞(1961年)を受賞。1963年にイタリア政府招聘留学生としてローマ美術学校に留学した後は、ローマで制作活動に没頭し、独自の表現方法を探究する。芸術選奨文部大臣賞(1987年)、日本芸術大賞(1988年)、倉敷市文化章(2012年)など受賞多数。世界中の美術館や公的施設に作品が収蔵・展示され、国際的な美術作家として名を馳せる。2020年、文化功労者に選定される。

高橋 秀さん
高橋 秀「大いなる期待」1
高橋 秀「月の道」2

(1)高橋 秀「大いなる期待」 (2)高橋 秀「月の道」

【藤田桜】
 現在の大妻女子大学を卒業後、少女雑誌「ひまわり」の編集者として働きながら、田園調布純粋美術研究所でデッサンなどの表現方法を学ぶ。やがて独自に考案した布貼り絵で学研の「よいこのくに」の表紙絵専属作家となり、40年近く表紙を飾る。また、子ども向け図書の表紙絵や絵本を多数発表。その温かい作風は、国内外の多くの人に愛されている。

藤田 桜「初夏のなかま」3
藤田 桜「よいこのくに」創刊号表紙4
藤田 桜さん

(3)藤田 桜「初夏のなかま」 (4)藤田 桜「よいこのくに」創刊号表紙

秀 art studio

秀 art studio
所在地
〒713-8126 岡山県倉敷市玉島黒崎5551
問合せ
TEL・FAX : 086-528-9530
e-mail:info@shu-art.jp
URL
http://www.shu-art.jp/

他にもこんな特集があります。

  • 特集15.倉敷FSC – 倉敷フィギュアスケーティングクラブ –
  • 特集4 倉敷メイドの逸品が生まれる。モノ作りの現場へ
  • 特集 Vol.29 連島れんこん。美味しいが生まれる現場へ2

HOMEに戻る

クラシキ文華(文化 - ブンカ)

倉敷市 市長公室 くらしき情報発信課
〒710-8565 岡山県倉敷市西中新田640番地
【TEL】 086-426-3061 【FAX】 086-426-4095