公開日2024/02/22

特集54 SDGsなクラシキ4 - 倉敷から発信するネオ6次産業化 - 特集54 SDGsなクラシキ4 - 倉敷から発信するネオ6次産業化 -

Chapter3 畜種や業種を超えたネオ6次産業化で
1次産業をもっと元気に!

 「当社には、6次産業化に興味のあるいろんな1次産業の方が見学に来られます。みなさん、『ものを作るのは得意だけど、サービス業はしたことないからどうやったらいいかわからない』と口々にいわれ、なかなか一歩を踏み出せないよう」。
 そう話す『のだ初』の野田さんは、「1次産業に携わる人同士がもっと手を組んでいけば、おもしろいことができるはず」と、常々考えていたそう。

野田さん
のだ初の精神

 野田さんがその機会を得たのは、2019年のこと。直営農場を『立龍美掃』の『吉備高原牧場』に売却する契約を交わした際に、お互いの課題や悩みも含めて情報交換したことがきっかけとなりました。そこから、「すでに6次産業化に取り組んでいる生産者がそのノウハウや設備を活かして、一歩を踏み出そうとしている生産者とタッグを組み、新たな6次産業化を実現する、ネオ6次産業化」への取り組みが始まったのです。

楽農スタジアム
楽農スタジアム
楽農スタジアム

 『のだ初』は、まず新ブランド「uBu FARM.」を立ち上げ、『吉備高原牧場』が手塩にかけて育てた三元白豚の肉を「おかやま甘豚(すぃーとん)」と名付けました。そして、1年以上をかけてブランドマネジメントを行い、煮豚やハンバーグ、ローストポークといった新商品の開発や販売に力を注いでいます。

おかやま甘豚(すぃーとん)
おかやま甘豚(すぃーとん)
おかやま甘豚(すぃーとん)
おかやま甘豚(すぃーとん)

 「取り組みの内容は特別新しいことではありませんが、畜産の種類の垣根を越えたという点はこれまでにないことだと思います。同業種も異業種も関係なく、生産者同士がシェイクハンドしていけば可能性は広がり、日本の1次産業はもっと元気になると信じています」と野田さん。ここ倉敷で生まれたネオ6次産業化が、今後どのような取り組みや新たな商品を生み出すのか、楽しみです。

DATA

  • 株式会社 のだ初
  • 株式会社 のだ初

株式会社 のだ初

  • うぶこっこ家
  • うぶこっこ家

うぶこっこ家

所在地/岡山県倉敷市玉島勇崎544-1
お問合せ/0120-558-219
営業時間/10:00〜18:00
定休日/なし

  • 有限会社 立龍美掃
  • 有限会社 立龍美掃

有限会社 立龍美掃

  • 倉敷楽農協議会
  • 倉敷楽農協議会

倉敷楽農協議会

他にもこんな特集があります。

  • 特集48 クラシキの建築2 – 建築の魅力を発信するグループ KURASiX – Chapter.1
  • 特集 Vol.40 倉敷メイドの逸品が生まれる。モノ作りの現場へ 7
  • 特集4 倉敷メイドの逸品が生まれる。モノ作りの現場へ

HOMEに戻る

クラシキ文華(文化 - ブンカ)

倉敷市 市長公室 くらしき情報発信課
〒710-8565 岡山県倉敷市西中新田640番地
【TEL】 086-426-3061 【FAX】 086-426-4095