倉敷のイイトコ見つけにいこう。 クラシキ文華(文化 - ブンカ)トップへ戻る

MENU

特集Vol.11 クラシキの

朝市めぐり

特集TOPへ戻る

水島朝市 withフリーマーケット

水島朝市 withフリーマーケット

水島朝市 withフリーマーケット

  • 水島朝市 withフリーマーケット

地産地消の朝市とフリーマーケットを同時開催。

 「水島朝市withフリーマーケット」は、水島臨海鉄道水島駅からすぐの「水島愛あいサロン(環境交流スクエア)芝生広場」で開催されています。
 毎月2回、広々とした芝生広場にお目見えするのは、時季の野菜や果物、生花、たこ飯、エビ飯、焼きそば、パン、スウィーツなど約20店の朝市と、衣料品や雑貨、骨董品が並ぶ約50区画のフリーマーケットです。
 「安全な食の提供」を掲げる朝市では、連島地区のレンコンやゴボウ、福田地区のショウガをはじめとする農産品、寄島漁協の鮮魚、下津井の干物など、地産にこだわった品々にも出合えます。  

  • 果物
  • 骨董品
  • 鮮魚
  • れんこん
  • 団子
  • 天ぷら
  • 町づくり団体

町づくり団体、商店街振興連盟、NPOが協力して運営。

 この朝市が初めて開催されたのは、2011年の10月。
「もともとは、岡山県の『水島サロン』が倉敷市に移管され『水島愛あいサロン』となった時に、『水島の未来を考える会』が施設の利用促進を図るために企画したものです」と、同会の岡浩二さんは振り返ります。
 「水島サロン」だった頃に開催したフリーマーケットに多くの人が集まっていたことと、朝市運営のノウハウを持っていたことから、同時開催を決めたそう。
 以来、まちづくり団体である「水島の未来を考える会」と、水島商店街の振興を図る「水島商店街振興連盟」、県内各地でフリーマーケットを開催する「NPO法人MOMO編集室」で構成する実行委員会が、企画・運営しています。

  • 踊り
  • クリスマス
  • 牡蠣汁

時々に合わせたイベントも楽しみのひとつに。

 「福田、水島、連島という3つのエリアからなる水島地区では、エリア間の交流と親睦も課題のひとつでした」と岡さん。
 そのような目的も持つ朝市ですが、訪れる人の多くは会場周辺に住む人々。そこで、「より広く集客したい」と、時々に合わせたイベントも企画・実施しています。
 たとえば、1〜2月には「牡蠣(かき)汁」や「殻付き牡蠣」を手頃な価格で販売する「牡蠣祭り」、4月には入園・入学を迎える子どもにプレゼントを用意する「入園・入学おめでとう」、7月には朝市に替わって踊りや歌謡ショーも楽しめる「水島夜市とビアガーデン」、12月には小学生以下にお菓子をプレゼントする「Xmas」…。
 そうした努力の甲斐あって、毎回3000人ほどの人出でにぎわうこの朝市。将来の目標は、水島商店街での開催だとか。

  • 演奏
  • ビアガーデン

水島朝市withフリーマーケット

水島朝市withフリーマーケット

  • 開催日時 毎月第2・4日曜日 9:00~13:00(雨天中止)
  • 問合せ先 水島愛あいサロン 086-440-5511
  • 開催場所 水島愛あいサロン芝生広場

特集Vol.11 クラシキの

朝市めぐり

特集TOPへ戻る

他にもこんな特集があります。

  • 特集 Vol.14 マスカット・オブ・アレキサンドリア。美味しいが生まれる現場へ
  • 特集4 倉敷メイドの逸品が生まれる。モノ作りの現場へ
  • 特集 vol.7 クラシキの隠れ家的なお店

HOMEに戻る

クラシキ文華(文化 - ブンカ)

倉敷市 市長公室 くらしき情報発信課
〒710-8565 岡山県倉敷市西中新田640番地
【TEL】 086-426-3061 【FAX】 086-426-4095