倉敷のイイトコ見つけにいこう。 クラシキ文華(文化 - ブンカ)トップへ戻る

MENU

編集部便り

お知らせ2015/09/23

特集記事 「座談会 倉敷人に聞いてみた」と「倉敷メイドの逸品が生まれる。モノ作りの現場へ」を公開

新しい特集記事 「座談会 倉敷人に聞いてみた」と「倉敷メイドの逸品が生まれる。モノ作りの現場へ」を公開しました。
 
 「座談会 倉敷人に聞いてみた」は、倉敷市在住の色々な職業の方5名に参加いただき、お話を聞ききしたものです。
 倉敷市で生まれて育った方、違う町で生まれて倉敷市に来た方、それぞれの立場から見た倉敷について、熱く語っていただきました。
 
 「モノ作りの現場へ」は、倉敷のモノづくり現場を取材する企画。児島発のデニムブランド「graphzero」と代表の鈴木徹也さんを取材しました。

 生地の企画・製造から手掛け、パターンに合わせて裁断、十数種のミシンを必要とする縫製の全工程を担い、仕上げまで一本一本、ほぼ自社内で作り上げる。
 「すべての工程を知ることによって幅が広がり、できることが見えてくる。それが新しいモノづくり、世の中にないモノづくりを可能にしてきた」と、自然体で語る鈴木さん。

 積み上げてきた経験と実績による自信と共にジーンズ産業における児島のバックボーンの大きさを感じました。

 ぜひ、読んでみてくださいね。

特集記事 「座談会 倉敷人に聞いてみた」と「倉敷メイドの逸品が生まれる。モノ作りの現場へ」を公開 2

 「座談会 倉敷人に聞いてみた」

特集記事 「座談会 倉敷人に聞いてみた」と「倉敷メイドの逸品が生まれる。モノ作りの現場へ」を公開 3

「モノづくりの現場へ」

記事一覧に戻る

HOMEに戻る

クラシキ文華(文化 - ブンカ)

倉敷市 市長公室 くらしき情報発信課
〒710-8565 岡山県倉敷市西中新田640番地
【TEL】 086-426-3061 【FAX】 086-426-4095