倉敷のイイトコ見つけにいこう。 クラシキ文華(文化 - ブンカ)トップへ戻る

MENU

特集Vol.22 クラシキのこだわり本屋さん

特集TOPへ戻る

SOHO BOOKS 山本謙次さん

KAPITAL 瀬戸内児島赭店 SOHO BOOKS

KAPITAL 瀬戸内児島赭店 SOHO BOOKS

SOHO BOOKS看板

古書店らしからぬ空間で、選書と出合う。

 古書を中心に扱う『SOHO BOOKS』は、地元のアパレル会社『キャピタル』が旧児島公民館の建物を再利用して開いた直営店『KAPITAL 瀬戸内児島赭(そほ)店』内にあります。
 隣接する旧児島図書館(現本社兼工場)でかつて使われていた木枠のガラスケースや、シンプルな木製の書棚、頭上には地元の古道具店がカードや書籍のページを利用して作ったランプシェード…。どこか懐かしく、古書店らしからぬ『SOHO BOOKS』で出合える本は、写真集をはじめとするアート系の洋書や、芸能、文学、音楽などの雑誌、文庫本といった誰もが読みやすい和書の数々。
 実は、それらの大半は、「一冊の本を売る書店」として国内外から注目されている、東京の『森岡書店銀座店』の店主・森岡督行(よしゆき)さんが、「KAPITALの世界観に合う本を」とセレクトしたもの。それらは、店内の商品がシーズンごとに入れ替わるように、定期的に入れ替えられています。また、一角には、森岡さんがこれまでに扱ってきた「一冊」を集めたコーナーも設けられています。

『赭/SOHO』という名が秘める思い。

SOHO BOOKS店内

 『キャピタル』は1985年の創業当初、有名ブランドのジーンズを生産していました。その後1996年に立ち上げた自社ブランド『KAPITAL』は、今や、国内はもとより海外でも人気を博すデニムブランドとなっています。
 店名の『赭』は日本の古語で赤土色を意味し、建物の外観の色に因んでいます。加えて「私たちのクリエーションに欠かすことの出来ない、ネイティブアメリカンのアドビハウスにも通じる色。世界に向けて発信していくのにぴったりの名だと思っています」と、『SOHO BOOKS』の立ち上げに携わった店舗責任者の山本謙次さん。さらに、「そほ」という古典的な和の風情を感じさせる音と、前衛的なイメージを与える「SOHO」の響きは、彼らの創作の根源である「温故知新の精神を象徴している」といいます。
 「もの作りのインスピレーションとなる貴重な古書や写真集を、以前から店内のディスプレイとして使っていました。何より、本を扱う店を開くことは長年の夢でした」。そう話す山本さんは、「書店を開くということに関しては、あまり知識はありませんでした。しかし、私たちが作る服や小物を十年来愛用されていた森岡さんが二つ返事で協力してくださり、実現することができました」と笑顔を見せます。

SOHO BOOKS店内

SOHO BOOKS店内

人が集い、地元・児島を盛り上げる場に。

山本謙次さん

 『SOHO BOOKS』を併設する『瀬戸内児島赭店』のすぐ近くには、一号店である『児島店』があります。児島に2店舗目をオープンさせたのは、この地が『KAPITAL』誕生の地であり、東京を筆頭に全国16店舗を展開する今も、本社を置くほどに大切にしているから。その思いは、倉敷の昔の風景写真をプリントしたショッピングバッグを、全国の直営店で使っていることにも表れています。
 「かつてこの場所が図書館や公民館だった頃は、さまざまな多くの人たちが集まって、思い思いに楽しみ、和んでいたはず。だからこそ、キャピタル流で人が集う場所にし、この地を盛り上げていきたい」と山本さん。
 そのために、子どもも大人もワクワクさせるツリーハウスやブランコなどを設けた公園のような中庭では、これまでに県内外の古書店が集まる古本市や、蚤の市を思わせる「赭市」などのイベントを開催。毎回、幅広い年代の人々が訪れ、にぎわってきました。
 児島をこよなく愛するスタッフたちの思いが詰まった「岡山には数少ない、本屋らしくない本屋」で、ここだからこそ出合える一冊を探してみてはいかがでしょう。

KAPITAL店内

ショッピングバッグ

写真集「BLUE HANDS」

店主の著書の数々

 職人たちの仕事ぶりに興味と感銘を抱いた、写真家・西村俊範さんによるポートレート集。「BLUE HANDS」とは、藍/インディゴに染まる手。『KAPITAL』の工場やさまざまな現場に足を運び、一年半の月日をかけて捉えた彼ら彼女らのリアルな一瞬から、『KAPITAL』のもの作りへのこだわりが静かに伝わってきます。
(出版:A-Works)

KAPITAL 瀬戸内児島赭店 SOHO BOOKS

KAPITAL 瀬戸内児島赭店 SOHO BOOKS

  • 所在地 岡山県倉敷市児島小川町3672-10
  • お問合せ Tel : 086-486-2339
  • 営業時間 11:00~20:00
  • 定休日 なし

特集Vol.22 クラシキのこだわり本屋さん

特集TOPへ戻る

他にもこんな特集があります。

  • 特集 Vol.19 倉敷メイドの逸品が生まれる。モノ作りの現場へ 4
  • 特集 vol.7 クラシキの隠れ家的なお店
  • 特集15.倉敷FSC – 倉敷フィギュアスケーティングクラブ –

HOMEに戻る

クラシキ文華(文化 - ブンカ)

倉敷市 市長公室 くらしき情報発信課
〒710-8565 岡山県倉敷市西中新田640番地
【TEL】 086-426-3061 【FAX】 086-426-4095