倉敷のイイトコ見つけにいこう。 クラシキ文華(文化 - ブンカ)トップへ戻る

MENU

地域と歩む真備竹林麦酒醸造所の軌跡

Chapter3 コロナ禍に負けることなく、描く未来図

 復興に向けて一歩また一歩と歩みを進めていた2020年初夏。多田さんは、岡山市の「吉備土手下麦酒醸造所」が苦しんでいることを知りました。「起業以前からお世話になり、豪雨災害の時も一番に駆けつけてくれた永原さんを支えたい」との思いから、多田さんは「まび 雨ニモマケズ ~コロナにもマケズ~支援プロジェクト」を始動。「吉備土手下麦酒醸造所」のビールを買い受けて、自分たちの醸造所で瓶詰めし、シンガーソングライターの沢知恵さんのCD「雨ニモマケズ」とセットで販売したのです。翌年1月には、用意していた200セットを完売し、プロジェクトはいったん終了しました。

まび 雨ニモマケズ ~コロナにもマケズ~支援プロジェクト
まび 雨ニモマケズ ~コロナにもマケズ~支援プロジェクト
多田伸志さん

 「僕たちの周りには、僕たちを応援し、助けてくれる人がたくさんいました。だから、僕たちが今ある『おかげ』を当たり前に返していくだけ。『真備竹林麦酒醸造所』もコロナ禍の影響を受けていますが、夢はいっぱいあるんです」と多田さん。そのひとつが、水害で休止していた、完全倉敷産地ビール「くらしき物語」を造るプロジェクトの再始動です。
 「被災した2018年の秋に、町内の服部営農組合の皆さんが、多田さん、麦を植えよう!と、『岡山大学資源植物科学研究所』の開発したビール用大麦を植えてくださり、翌年の春には立派な大麦を5トンも収穫してくれました。あいにくその年は大麦を麦芽にする機械が水没でだめになっていたため、そこだけは大手ビールメーカーの工場に依頼しました。新しい機械もイギリスの会社に発注したものの、コロナ禍で製造がストップし、いつ届くか分からない状況です」。そんな中、それでも前を向こうとしています。

大麦の収穫
大麦の収穫

 「真備は昔から、時に氾濫する小田川と共に畑を作り、暮らしてきたという歴史があります。そういった、『川と暮らす』物語を真備の復興に役立てたい、『くらしき物語』にはそんな想いが込められているんです。まだまだやらなければならないことがたくさんあるけど、倉敷の皆さんが思いを込めて育てた大麦でビールを造ることで、この町を元気にしていけたらうれしいですね」。そう話す多田さんは、柔和な笑顔を浮かべました。

小田川
浸水ライン
浸水ライン
地ビールとともに
地ビールとともに

真備竹林麦酒醸造所/特定非営利活動法人 岡山マインド「こころ」

真備竹林麦酒醸造所/特定非営利活動法人 岡山マインド「こころ」
所在地
倉敷市真備町箭田1679-2
TEL
086-697-0206
090-4653-1150(事務局携帯)
URL
http://mindkokoro.web.fc2.com/

他にもこんな特集があります。

  • 特集 vol.36 倉敷うまれのええもんおとりよせ
  • 特集 Vol.5 倉敷の町家で暮らしてみた Chapter.1
  • 特集 Vol.3 1.倉敷人に聞いてみた

HOMEに戻る

クラシキ文華(文化 - ブンカ)

倉敷市 市長公室 くらしき情報発信課
〒710-8565 岡山県倉敷市西中新田640番地
【TEL】 086-426-3061 【FAX】 086-426-4095